映画を現実のものに

映画を現実のものに

画像2

脚本家、プロデューサー、ディレクター。映画が製作される前には、大規模なクリエイティブな過程があり、そして彼らは構想の段階から携わるキープレイヤーです。「ウォッチメーカー」または、限定していえば、ハミルトンがそこに加わると、映画を順調にスタートさせるためのクリエイティブな配役がすべて揃います。

ストーリーを始めるにあたり、脚本家は脚本を書き、プロデューサーは大切な資金を得て、ディレクターはビジョンを形にします。

ではハミルトンは何をするのでしょうか?登場人物の個性を形成する手伝いであれ、構想の実現であれ、ハミルトンは制作前にスタッフからのインプットを基に独自のクラフツマンシップを映画に発揮させます。

クリエイティブであるためには、すべてのプロジェクトにおいて偏見を持たないことです。ハミルトンでは、白紙からすべての映画のブリーフィングをはじめ、構想や登場人物について理解するにつれて独自のアイディアをスケッチしていきます

『パール・ハーバー』でのハミルトンの課題は、1941年に異なる階級の兵士たちが着用しうる歴史的に正確な時計を提供することでした。レイフ・マッコーリー大尉とダニー・ウォーカーには、現実の兄弟が腕に着用するような「カーキ フィールド メカニカル」が用意されました

画像3

1997年の『メン・イン・ブラック』1作目でさえも、エージェントはエイリアンがうろつく未来でハミルトンを着用して生活していました。ミニマルでありながらアイコニックなユニフォームも身に着けており、それが伝説的な映画のコスチュームとなりました。アイコニック、特徴的、未来的。エージェントの住む普通とは違う特別な世界で完璧なタイミングを伝える時計として、「ベンチュラ」は登場人物にぴったり合っていました。

画像4

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』でリアム・ヘムズワース演じるパイロット、ジェイク・モリソンは世界の終わりに直面していました。彼は勇敢で、決意に満ち、高いスキルを持っていました。パイロットとして、彼の早い計算能力が彼の命を救います。「カーキ X-ウィンド オートクロノ」は、襲いかかるエイリアンの手から逃げるのに役立ち、重要な使命を達成するとともに本当のパイロットに選ばれる時計となりました。

ハミルトンの創造力はカスタマイズやコンセプトウォッチにおいても試されます。1968年にスタンリー・キューブリックが監督した『2001年宇宙の旅』 には、未来の要素がたくさん含まれていました。そのコンセプトウォッチは、SFをメジャーにしたその映画の別世界の幻想ような見た目と雰囲気に即していました。まさに、映画とウォッチメイキングの歴史なのです。

草分け的存在である『2001年宇宙の旅』のおよそ50年後に映画となった『インターステラー』は、構想の1部として、本物の時計を求めいていました。その時計は、クーパーと娘マーフを時空を越えて結びつけ、たとえ離れていても彼らをつなぎ止める唯一のものです。それは人類を救うモールス信号のメッセージを受け取るだけでなく、2人の愛や家族の固い絆を象徴しています。このコンセプトウォッチは「カーキ フィールド」モデルをベースとしていました。2019年、ハミルトンは「カーキ フィールド マーフ」を完成させ、映画の歴史の一部を所有する喜びを『インターステラー』のファンに与えました。ここでニューモデルをチェック。

自動巻ウォッチ、クロノグラフ、アビエーションウォッチ、レディースウォッチ、アドベンチャーウォッチ、ソルジャーズウォッチ、ダイバーウォッチ、ハミルトンのコレクションにはそれらすべてがあり、アメリカの精神とスイスの精密性が反映されており、すべてハミルトンのクリエイティブな過程の産物なのです。

ハミルトンは、映画用の時計を創り出すにあたり、誰かのクリエイティブな過程の一部となることで、本物の登場人物を作り出し、構想を実現するお手伝いをするのです。段階的にその創造力をマッチさせ、彼らが必要とするものを提供するという能力がハミルトンを1932年から500本を超えるメジャーな映画のハイライトで使用される存在にしているのです。

 

画像1

福岡天神の時計屋さん 福岡天賞堂
〒810-0001 福岡市中央区天神2丁目2-43 ソラリアプラザB1
☎ 092-721-8449
✉ info@core-tenshodo.com




← PREV NEXT →