アメリカンクラシック Spirit of Liberty Auto Chrono

H42416541

  • ¥224,400
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

こちらの商品は、お取り寄せ商品となります。ご注文後約10日でお届けいたします。

American Classic/ アメリカンクラシック

言論の自由のために戦った18世紀の法律家で、ブランドの名前の由来となった人物アンドリュー・ハミルトン。彼にインスパイアされたタイムピースは、今日と長い歴史をつないでいます。60時間の標準持続時間を備えたH-21クロノグラフ ムーブメントは、21世紀を邁進する原動力となり、レザーストラップにはハミルトンの言葉である「Without liberty, life is a misery(自由なき人生なんて、惨めなものだ」が刻まれています。

商品の特徴

HAMILTON/ハミルトン AMERICAN CLASSIC SPIRIT OF LIBERTY Ref.H32416541

 スピリットオブリバティ オートクロノのブルーダイアルです。

ご覧の通り雰囲気は抜群です。 

42㎜のケースは時計デザインと相まって重厚な高級感をしっかりと腕元で演出。

スーツやジャケットなどのフォーマルスタイルにはもちろん、Tシャツにデニムなどのラフな装いにもビシッと決まります。

 針とインデックスは澄み切ったシルバーでブルーダイアルにこれ以上ないほどに映えます。

シンプルでありながらも色味は非常に上品に纏め上げられていますね。

 

時計を縦中心に配置されたインダイアルは白で色付けされており、これがまたブルーダイアルとのコントラストが素晴らしく、見る者を心から惹きつけます。

 アメリカンクラシックの一つポイントである、ハミルトンのヘリテージロゴが時計全体のバランスを整えてくれています。

 

ムーブメントは世界的に名機と名高いバルジュー7750を元にハミルトンが改良を加え、リザーブ時間を60時間まで高め、内部装飾にハミルトンのHマークを施したH-21ムーブメントを採用。

実用性と機能美にこだわりぬいています。

 

そして最大の特徴でもあるブレス。アメリカが植民地だった頃、言論の自由を守るために戦っていた法律家であり、ブランド名の由来にもなっている『アンドリュー・ハミルトン』が発したといわれる【Without liberty, life is a misery】自由なき人生は惨めだ。という文言が刻まれたパティ―ヌ仕上げのレザーブレス。

 このパティーヌという技法は革の染色技術のひとつでありますが、幾重にも染料を重ねて染め上げる事で、ムラや独特な色合いと風合いを出す技法であります。

時計メーカーでこのパティーヌを自社で行えるのは世界でも数えられるほどしかなく、ミドルレンジというカテゴライズされた中では唯一ハミルトンぐらいではないでしょうか。

 

もちろんメタルブレスのモデルもございますが、福岡天賞堂ではこちらのパティ-ヌ仕上げレザーブレスのモデルをおススメさせていただきます。

使用による色落ちなどが気にされる方も多いと思いますが、福岡天賞堂ではお手入れの方法などももちろんご提案させて頂きますので、ご安心くださいませ。

 

いかがでしたでしょうか。

ハミルトンの数あるモデルの中でも非常に支持がされているスピリットオブリバティ。時計としてのクオリティはもちろん、その最大の特徴ともいえるパティーヌ仕立てのレザーブレスには、120年以上に渡るハミルトン歴史が刻み込まれています。

サイズ・スペック


腕時計

商品番号 H32416541
キャリバー H-21
コレクション アメリカンクラシック
ムーブメント 自動巻き
ケースサイズ 42mm
性別 メンズ
ダイヤルカラー ブルー
ケース素材 ステンレススチール
クリスタル サファイアクリスタル
ベルトつけ幅 ベルトつけ幅22MM
パワーリザーブ 60時間の標準持続時間
防水性 5気圧防水

 

ブレスレット/ストラップ

Strap reference H600.324.115
ストラップタイプ カーフレザー
ストラップカラー ブラウン
バックルタイプ フォールディングクラスプ
バックルの幅 バックルの幅20MM
ストラップ表面 Leather
ストラップ表面素材 Calf
ストラップ表面仕上げ Mineral
ストラップ型押
ストラップ裏面素材 Calf

 


RECOMMEND ITEMS

末永く使っていただける最良の一本を、安心してご購入いただくために

私どもが取り扱う商品は全てメーカー認定の国内正規品です。メーカーのアフターケアはもちろんのこと、当店でも独自のアフターケアを実施しており、全てのお客様に安心してお使い頂けるよう取り組んでおります。

詳しくはこちら